ヒプノセラピー(催眠療法)

2013年10月14日

記憶というイメージ


先日読んだ本に「記憶維持」についての興味深い研究が紹介されていました。


ある大学生のグループが、とても短い三十秒のストーリーを言い渡されました。

研究者は

「これから皆さんに話すストーリーを、できるだけ正確に覚えていてください。その後、いくつかの間隔を置いてそのストーリーを思い出してもらいます。」と説明しました。


学生たちはできるだけ正確にストーリーを覚えることだけが課題であり、

その一分後にそのストーリーを繰り返すことを指示されるとわかった上で、その話を聞きました。

五分後、再び繰り返すように言われ、それから三十分後、一時間後、十二時間後、一日後、二日後、一週間後、そして最後は二週間後です。


研究者が発見したことは、まさに初回、たった一分後にストーリーを話すときに、学生たちは既にストーリーを歪め始めたということで、学生たちの記憶は想像したより正確ではないということでした。


研究者はとても頭のいい学生たちに、ただ単に記憶するだけという比較的簡単な課題でストーリーを伝えたにも拘わらず、わかったことは学生たちが聞いたストーリーを再び話し始めたとき、三回目か四回目以内で、元々の話がほとんどわからなくなり始めるほどにストーリーが変わってきたのです。

しかもそれは、ストーリーを聞いてからほんの一、二時間以内で、ストーリーを話した三回目か四回目以内です。

一週間後、明らかに二週間後までには、ストーリーはあまりに歪められていて、最初のストーリーからするとほとんど想像もつかないほどでした。


それでもなお、学生たち全員が自分はストーリーをとても正確に記憶していると本当に信じていたのです。


(「大いなる恩寵に包まれて」アジャシャンティ より)




この研究から言えるのは、

私たちの過去の記憶は実際の記憶ではなく、いろいろな考えやイメージが作り直されて再構成されたものであるということ。


「ある瞬間は過ぎ去った時点で消えている」ということです。



記憶ってとても曖昧なもの。自分の中の物語なのです。得意げ



道を歩いていて「人とすれ違った、人と目が合った。」ということを経験したとします。

いま言ったことは純粋な事実のみですね。


ですがそこに自分のストーリーをくっつけ始めます。

「あの人は私を変だと思ったんじゃないか。」

「なんか服がおかしくて見たのじゃないか。」などなど。

するとただ単に

「人とすれ違ったときに目が合った」という何でもない出来事が、

不快なストーリーとして記憶に残ったりします。


つまり純粋な事実に、自分なりにいろんな解釈をくっつけていることが

私たちの苦悩につながっているのです。


1人ひとりが

純粋な出来事を「自分なりのものの見方」で見ています。

それぞれが自分が創った世界に住んでいます。


ヒプノセラピーでは、

過去の記憶、過去の感情に寄り添っていくことも多いのですが、

そこで行うのは過去の出来事を変えることではありません。

起きた純粋な事実は変わりません。


癒されるというのは

過去の出来事が変わるのではなく

出来事にくっつけた自分の解釈、つまり「ものの見方」が変わることなのです。


「自分の」ストーリーが変わるのです。



わたしたちは

自分が創った世界の中で苦悩もするし、

そして自分の世界の中でどんどん癒されていきます。星






0511a965.jpg




kitanomori26 at 10:46|Permalink

2013年01月21日

気持ちの三層構造



私たちの気持ちは三層構造になっています。



ミッキー一番上にあるのが

「こうあるべきだ」とか「こう見られたい」と思っている表向きの自分。


ミッキーその下にあるのが

「でもホントは私ってこういう人間です」

と自分なりにとらえているネガティブなセルフイメージ。


ですがこれで終わりではありません。


実はもう一つあります。


「さらにその下にもっとあります。」


そんなお話を先日講座でしたら、

お客様がすごく不安そうな顔をされました。


無意識にネガティブなセルフイメージがあるので

(例えば「自分は悪い人間」だとか)

その下にまだあるなんてどんな恐ろしいものが埋まっているというのか!!ガーン

という気持ちになったのです。



けど、大丈夫です。


恐ろしいものなんてとんでもない!

逆ですよ、逆!


ミッキーは美しい感情の場所なのです。

言葉にするなら「愛」とかあったかい気持ちの宝庫なのです。

光いっぱいの場所。



必要なのは思い込みという泥を払ってあげるだけ。


すると残るのはあるがままの自分。



埋まっているのは光輝く宝物。

どうぞ安心して自分と向き合ってください。






kitanomori26 at 14:20|Permalink

2012年11月12日

インナーチャイルドワーク



「おでんくん」というNHKで以前放送されていたアニメがあります。

こちらが主人公のおでんくん。

f9743a71.jpg


おでん屋台の鍋の中にいろんな具たちが住む「おでん村」がある、
というユニークな設定。

その屋台のお客さんとの関わりや具たちの日常を描いた物語です。

面白くてよく見ていたのですが、
特にこの「29話 反抗期ってなんですか」の回は印象的でした。


お母さんとけんかして怒っている女の子に食べられたおでんくんは、
女の子の心の部屋に入っていきます。
そこでは小さな女の子が泣いていました。
おでんくんはその子と遊びます。
心の中の女の子が笑い始めると、女の子自身も落ち着き始めます。


「これってインナーチャイルドワークと同じだ」えっと思いました。





インナーチャイルドは過去の「感情」です。
大人になった今でも、その過去の感情が心の中で泣いていることがあります。
そうすると大人の自分も今何が起きた訳でもないのに、なんだかモヤモヤしてきたり、苦しくなったりします。
今ものすごく強い感情を感じるなら、それは過去の感情が助けてほしくて戸をたたいているのかもしれません。

そんな時はヒプノセラピー等でイメージを通して自分の感情に寄り添っていくことも一つの方法ですよ。




kitanomori26 at 18:12|Permalink

2012年10月24日

心理療法の目的



セラピーに来る方の多くは、

たいてい頑張っています。


「こんなにやっているのに、うまくいかない。」


という状態。


話を聞くと、


「根本で一つのことをずっとやっている」


状態であることが多い。


変わりたいとき、同じやり方でやっていたら変わらない。


癒されるということは、変化すること。


心理療法の目的は、


「変わっていく助けをすること」



私が心理療法を学んでいるとき先生から言われたことは、


「言ってあげることと、変わることは全然別だ」


ということ。


「言う」だけでは心理療法でもなんでもない。


気づかせてあげて

「良いことした」なんて

とんでもない。

言って変わるのは、ほっといても変わる。

遅かれ早かれ変わっていく。


けど深いことは、言っても変わらない。


言っても、


「は?それ自分のこと?」シラー



意識主導で無意識を変えようとしても、


無意識は無意識で言い分があるから変わらない。


→「自分の中にいる味方」



理屈ではない、無意識の部分と対話していくことで、

何かが見えることもある。


その言い分に耳を傾ける。


感情がカギです。


私自身、セラピーを受けて変わったのは、



「ものの見方」



ものの見方が変わっていくように、側面からいろいろな方法で働きかけるのがセラピーなんだと思います。





e41f0e61.jpg
 




kitanomori26 at 23:51|Permalink

2012年09月26日

ヒプノとの出会い


私は本を読むことが好きです。本


昔かなり悩んでいたときには自己啓発本をよく読みました。


読むととても元気になりました。

「よし!これで変われる気がする」女の子


けどしばらくは調子がよくても、また落ちます。もうだめぽ

そして別の本。

また復活!

けどしばらくするとまた戻る。。がっかり


その繰り返しでした。


どうしたらいいんだろう?

どうしたらいいんだろう?ガーン


その頃はちょうどインターネットが普及し始めたときで

私もネットで情報を探せるようになりました。


そこで初めて目にした

「催眠療法(ヒプノセラピー)」というもの。


調べると


「自分の中に答えがある」



「自分の内側に目を向けていくセラピー」


だということがわかりました。


これだ!と思いました。


「今まで外に答えを探していたからわからなかったんだ。

自分の内側に答えがあるんだ!」



この気づきの感動は今も忘れられません。


1割の顕在意識という頭の部分だけで自分を動かそうとしても、

9割ある潜在意識(自分の感情の部分)を無視したままでは

前に進めなかったのです。



その後ヒプノセラピーのセッションやスクールに通ったことは

私にとって深い癒しになりました。


そしていまの私がいます。


けれど万人にこのセラピーが一番いいとは思っていません。


ただ「私にはとても役に立った」ということです。


そして他にも役に立つ人はたくさんいると思います。



この世界にはたくさんのセラピー、ヒーリングがあります。

それぞれすばらしく、それぞれが癒され、役に立つ人がいる。



「なんかこれ気になる・・」


その理屈ではない自分の感覚、直感がきっと今自分に役立つものを教えてくれます。





kitanomori26 at 12:25|Permalink
プロフィール
カウンセリング
三大設定(R)
自己解放ワーク
ヒプノセラピー(催眠療法)










アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: