日々のこと

June 26, 2013

今朝のミラクル



今朝、観葉植物を見たらプチミラクルがビックリマーク





4c615a8e.jpg
 



新しく出てきた葉っぱがくっついてなんと円になってますラブラブ

 


ハートにも見えてかわいいですね~恋の矢


上から見るとこんな感じです。 ↓



8b4477d8.jpg
 


どうなるんでしょ~

そっと見守ってみようと思います。ニコニコ






kitanomori26 at 20:20|Permalink

May 15, 2013

心に残っている言葉


「あしながおじさん」を書いたA・Jウェブスターの言葉です。



わたしは一秒一秒を楽しむつもりです。


そして、楽しんでいる間は、そのことを意識していようと思います。


たいていの人たちは、生きているのではなく、ただ競争をしているだけ。


はるかかなたの地平線にある決勝点にたどり着こうと一生懸命です。


そして、そこに行くことに熱中するあまり、息が切れ、あえいでしまって、

自分たちが通過している、美しく静かな田園風景も目に入らないのです。


そして、そのあげくに知ることは、もう自分たちは年老いて、疲れ果てていて、決勝点に着いても着かなくても、結局、何の違いもない、ということ。


わたしは、たとえ大作家になれなくても、道草をして、


小さな幸せをたくさん積み上げることに決めました。



e8058221.jpg






・・ポ…ッ*




kitanomori26 at 17:04|Permalink

January 28, 2013

へんしんっ!



今日の空には竜がいましたよラブラブ



青森市のセラピールームNorth Forest~北の森~blog「walk in balance」



長~いです!



aec6b244.jpg


じ~っと見てましたら、目




なんと、変身ビックリマーク


     

      ↓



ae6d9d7a.jpg
 



竜が鳥になりましたビックリマークヒヨコ



左右の翼を広げて羽ばたいてる鳥にも見えるし、


首の長い白鳥にも見えます。



光に向かっているようで、素敵ですラブラブ!




空からのプレゼントでしたラブラブ







kitanomori26 at 22:47|Permalink

December 31, 2012

あるがまま


人と違うことに不安を感じる方がいます。

「私って変ですか?」(´・ω・`)

と。

私から見れば、変というよりその方の才能や個性だと感じることが多いです。
けど「自分はなにか間違っているんじゃないか」という漠然とした不安から、
「人と同じ」であることに安心を求めようとします。
そして自分の個性や力を認めることができないでいます。

けれど本当はみんなあるがままで生きたいのです。

「普通」って実はすごく曖昧で、
よく「今の若者は何考えているかわからん!」みたいなことを私の世代は親の世代に言われたし、
いまの10代もきっと私の世代に同じこと言われた経験があるかもしれません。

猿の惑星から立って話す猿が地球に来たら、その猿を「変」「普通じゃない」と思うだろうし、
逆に猿の惑星に人間が行ったら、人間が変な生き物ですよね。

見る人や視点によって「変」の基準がいくらでも変わる、
とっても曖昧なものです。


足立幸子さんの「あるがままに生きる」という本にこう書いてあります。


『私は小さいころから「私は親の生き方とは違う」という反面教師の親を持ちましたので、今考えると「ありがたいなぁ」と思うのですが、親にことごとく反発して、どうしたら親を諦めさせられるかと一生懸命抵抗しました。

とにかく諦めてくれたら、こっちのものなのですね。

やりたいことがやれますので。

ですから会社なんかでは、変わり者とか変人と思われたらしめたものです。

そういうレッテルを早く貼ってもらえれば、マイペースでやりたい放題出来ますね。

先日も沖縄で「県人会ではなくて、変人会というのをつくったらどうですか。みんなで変人になれば怖くないですから」と申し上げたのですが、とにかく変人というレッテルを貼られたらしめたものですよ。

やりたいことが、本当にやれますからね。

誰かがやらないと世の中は変わりませんから、どなたかが勇気を出して変人になってください。

枠をどんどんはずして、

「もっと本音で楽にやりましょうよ。お互いに本音でやったら楽ですよ。
私を見てください。こんなに楽に生きているじゃないですか」
という本音であるがままに生きる生き方を、回りの人に見せてあげてほしいのです。』



あるがままに生きるとは、自分もあるがままにやり、相手のあるがままも受け入れることです。
(自分はあるがままにやり、相手のあるがままは受け入れない場合を「わがまま」といいます)

「あの人は、こういう面とこういう面とこういう面を持った人なんだ」とただただ受けれいて、ただただ見るだけです。
良い悪い好き嫌いは自分だけの尺度。その自分の尺度で一切判断しないということ。
それが人をあるがままに見る、あるがままに受け入れるということ。

自分自身に対しても同じです。
「私はこういう面とこういう面とこういう面を持っている1人の人間なんだ」と
あるがままに見、あるがままに受け入れていきましょう。
ジャッジは要りません。


そして自分らしさ、「変な自分(?)」を

楽しんじゃいましょうにひひ



 

kitanomori26 at 13:06|Permalink

November 21, 2012

受け取ること



お土産やプレゼントを受け取るときに罪悪感を持つ方がいる。


例えば

「こんな私がもらっていいのかな・・」ガーン

とか

「お返ししなきゃ・・」あせる

と思ったり。


あなたを大切に思ってくれる方はただ喜んで欲しいだけだったりする。

「これ喜んでくれるかな」とか思いながら選んだお土産を

申し訳なさそうに受け取られたとしたら

ちょっとさびしいかもしれない。


ただ「ありがとう」って受け取ることが

最高のお返し。


心をこめて受け取れば、相手は満足します。


与えて「嬉しい」と思うのは、受け取ってくれるあなたがいるから。


星


どうしたらいいか迷ったら

自分の選択を「愛」か「恐れ」かで見てみる。


例えば、


気持ちよく受け取ることがその人の喜びや幸せになるなら・・(愛)


受け取ったらお返しをしないと後で何か言われるもしれないし(恐れ)

自分のなかの居心地悪い気分が増えそうだし(不安)


とか。



自分は何を大切にしたいのか。

選択になる。




受け取ることはきっと愛を広げますドキドキ







kitanomori26 at 00:20|Permalink