October 23, 2013

感情に居場所を


前回の記事に関連して。得意げ


大人になるとどんどん賢くなりますね。

頭を良く使うようになります。

これはいい、これは悪い。

これは正しい、これは間違っている。

考える、判断する、ジャッジすることが多くなります。


逆に子どもの頃は

「好き!」「嫌い!」とハートで動くことが多いですね。


頭で考えることは”他人の価値観”がいっぱい。


何かを嫌いと思っても、

「そう思っちゃだめだ」

「大人として良くない」とか思ったり。

素直な気持ちを自己否定します。

良い、悪いの判断は世間や誰かに言われたことだったりと、

もともとは他人の価値観です。


一方「好き」「嫌い」の感情は理屈でコントロールできるものでなく、

勝手に「湧き起こる」感じですよね。



自己解放ワークなどでよくお伝えする言葉があります。それは


「感情に良い悪いはない」


ということ。



「これなんだか好き!」と感じたとしたら


誰が何と言おうと自分はその瞬間そう感じたんですよね。

「その瞬間の素直な自分」がいるだけ。

良いも悪いもありません。

私はそう感じた。ただそれだけ。

ですがせっかく湧き起こってきた自分の気持ちを

自分の中で真っ先にジャッジしてしまうのです。


素直な自分の感情を自分が否定し続けると、

自分が内側で怒りはじめます。プンプン


「なんで無視するの!?」

「なんで見てくれないの!?」


何となく嫌な感じがしたり、イライラしたり・・

楽しい気持ちが感じられなくなったり、元気がなくなったりしてきます。



だれだって無視されたりないがしろにされたら、

悲しいし、腹が立ちますよね。



ですから、

「何か最近楽しくないなー」

と感じているとしたら

思考がたくさん働いて感情がないがしろになっているかもしれません。


偏ったらバランスをとりましょう。音譜



抑えつけていた感情に自分の中で居場所を与えてあげると、

めきめきと本来の情熱を取り戻し、

元気になることも多いですよ。ニコちゃん



bdea6599.jpg



kitanomori26 at 10:56│自己解放ワーク