2012年10月09日

気づき その2



昨日、参加者の方々やコオさん、美保さんとお話していて気づいたこと。



「自分は守られてる」と知っている人がいる。


その人にとってはそれが当たり前。

だからみんなそうだと思っている。

それを知らない人がいるとは夢にも思わない。


でもそれを知らない人がいる。


「自分は守られていない」


コオさんも昔はそう感じていたそうだ。

けど今は守られていることがわかっていると。



実は私も

「守られていない」

と感じていた方。


次々苦しいことは起きるし、

願ったことが叶えられなかったと感じることはたくさんあった。


そうしているうちに、

「自分は守られている」

と素直に思えなくなっていた。



そして怒っている。


何に?


神というものに。



個人セッションで取り上げてもらったのは

「不信感」について。


その不信感は、「神への不信感」でもありました。

叶えてくれない、助けてくれない神が私にとっての神。

だから信じられない。



ヒーリングをやればやるほど明確に出てくるテーマ、

「不信感」

これがどうにもこうにもしつこくて、

自分でクリアリングしても常にこびりついてる感覚。


神もまた「実在」。

自分が現実と思っていた非実在から一歩引いて、

実在との狭間にたってどちらを選ぶかは自由といわれたら、

頭では実在に行きたいと思いながらも、

そちらを選択することに憤りや抵抗がでてきて当然。


私は神に怒りを感じていたのだから。


ものすごい抵抗がでました。

ワークショップで話を聞くうちにどんどん頭が働かなくなる。。


わからない。わからない。わからない。


けど最後のあがきでもあります。


わたしは昨日、それを手放すことを決めて臨んでいました。

だからこそものすごい不信感がでてきましたガーン



怒りや不安や悲しみ。。



個人セッションの待ち時間、参加者の方々といろいろお話する中で、

私の中の抵抗にまず気づきました。

気づいたら、なぜだか涙がでてきました。汗

悲しみの涙ではなくて、気づかせてくれた状況への感謝の気持ち。


そしてコオさんとお話するなかで、

神への不信感があることに気づきました。


私が思っていた神の前提そのものが違っていました。


そうしたらだんだん、奇蹟のコースの内容がまた頭の中に入ってきました。

混乱していた頭の中が落ち着いていきました。

ワークショップの中で言われたことがどんどん蘇ってきました。


コオさんを通して愛を思いだしました。


涙、涙のセッションでした。カゼ




けど

神とか実在を言葉で「わかった」わけではありません。

答えをスパッとはっきり言われたわけではありませんから。



「これはなんなんだ?」という疑問が逆に強くなりました。



そして思ったこと。



「知りたい」


それでいいような気がしました。



まだ奇蹟の道の扉を開けたところなのですから。


3つのワーク。


「本当に変わるよ」


とコオさん。


「わかった」でなく、新しい体験をしてほしい。

たくさんの奇跡を体験してほしい。


人が教えてくれる。


「1人でやろうとしなくていい」と。


日々、体験を積み重ねていこうと決めました。



青森市 セラピー&カウンセリング walk in balance






kitanomori26 at 22:38│ イベント/ワークショップ 
プロフィール







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: