2012年03月07日

自分の中にいる味方


「何で私ってこうなんだろう?」って悩む時、
(それが自分にとって気に入らないと感じるものだったら)
自分に腹が立ったり、自分を責めたりするかもしれません。


私たちの意識は大きく2つに分けると顕在意識と潜在意識に分けられます。
割合としては顕在意識が約1割、潜在意識が9割です。


「何でこうなの?」って思っている頭の方が顕在意識。


でもそうさせないように引っ張っているのが潜在意識。


1対9で綱引きしてたら、どっちが勝つかは明らかです。

必ず潜在意識の方に引っ張られていきます。
そうしようとしても、できない状態になっていきます。ガーン


潜在意識にあるのは感情と記憶。


それが私たちを引っ張るものです。

自分の1割でだけ(つまり頭でだけ)頑張っても、上手くいかないと感じたら
9割の方に意識を向けて、
「なんで引っ張るの?」「どうしてそっち行きたいの?」
と気持ちに寄り添ってみることが大切です。


そしてそこには必ず「肯定的意図」があります。


「なんで?」と聞いていくと例えばこんなことを潜在意識は言います。

「だってそんなことしたらまた傷ついちゃうかもしれないよ?いやだよ。
もうあの時みたいな悲しい思いしたくないよ。だからそうしちゃだめだよ。おやしらず


そうです。
潜在意識は実は味方なんです。
あなたのことを心から愛して、守っています。


自分の中に最初から「敵」なんていません。

だからセラピーでやることの本質は
「悪いところ」を戦って消すのでなく、
寄り添って、その自分からの愛を思い出すことでもあります。ニコちゃん






kitanomori26 at 08:33│ ヒプノセラピー(催眠療法) 
プロフィール







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: