2014年06月

2014年06月21日

「うどん」と「そば」


「自分を出したら今の友達が離れていかないか不安」

とのお話がありました。


自分を出すようになると、

もっと深いお付き合いができるようになるかもしれないし、

もしくは付き合う相手は今までと変わってくるかもしれません。

けどそうだとしても合う人が寄ってきますよ。


そして変(?)な人が寄ってこなくなりますよ。

本当の自分で、偽りがないので、

「間(ま)」がないからです。


「魔が差す」という言葉ありますよね。

「自分」と「自分じゃないもの」の2つをつくるから、

隙間ができてそこに「魔」が入るんです。



ですから気楽に気楽に、肩の力を抜いて

上のカラを取っていきましょう。


一つにしちゃいましょう。音譜


そしたら人との付き合いが戦闘態勢じゃなくなるし、

顔つきも変わってやさしい顔になりますよ。

声をかけやすい、話しやすい雰囲気になります。

魔もなくなります。



人はラーメンが好きな人もいるし、うどんが好きな人もいるし、

そばが好きな人もいます。


好みが違うのはしょうがないですよね。


そばが好きな人に

「私うどんだけど、どう?」

と言っても

「うどんは嫌いじゃないけど、うどんじゃないんだ私は。そばなんだよね。」

って、そこは変えられないところなんですよね。


でもね、

うどん好きな人もいるんですよ絶対ビックリマーク


無理して「そば」の人に「うどん」にしろっていっても、

合わない人は合わないですよね。


どっちがいい悪いなんてありません。


私は「うどん」で、あなたは「そば」なんだね、

ただそれだけです。


ラーメンがあって、うどんがあって、そばがあって。。


みんないいですよね。ニコニコ




6ba855f3.jpg




kitanomori26 at 15:23|Permalink 自己解放ワーク 

変わりたいとき


「自分を変えたい」と思う時、大切なこと。



どんなにダメな自分でも、

今の状態をまず受け入れてあげること。



人はその時々で精一杯のことをしていますから

「ホントはこうしたらよかった」と後から思ったとしても、

その時はそうとしかできなかったのです。


もちろん今の自分を「大好き」なんて思えなくていいけど、

否定はしないこと。


今の自分を受け入れてあげないと、

今までの自分を全部否定することになります。


そうすると”自分”はすごく怒るんですよ。


何十年も生きてきた自分を否定するのか、とプンプンDASH!


だから色んな事があって、

いろんなことを何とか乗り越えて今まで生きてきた自分自身を、

強く慈しんであげてください。


イメージでもいいので自分の中で胸に手を当てて言ってあげてください。


「よくやってきたね。」


そして寝る前には

お布団の中で胸に手を当てて


「ありがとう」


と自分に言ってあげてください。


じわ~っと温かい気持ちが流れます。



今の自分を否定して一生懸命変わろうとしてもなかなか変わらないけれど、


今の自分を受け入れた時、


いろんなことが動き始めますラブラブ




58e22d04.jpg




kitanomori26 at 13:32|Permalink 自己解放ワーク 

2014年06月17日

最近のパティさん


3月に我が家にやってきたパティのその後ですラブラブ






顔かたちもだんだんうさぎらしくなってきましたよ。ウサギ



ヒーターの前がお気に入り。

特等席でいつもお昼寝です音譜


dcea9444.jpg
 


ちなみに右に見切れている黄色いのはアヒル隊長です。

こちらも結構気に入っている様子にひひ



そして最近がこちら。



638a7966.jpg
 



大きくなったね~(*´ω`*)


トイレに体がジャストフィットしてるよ!



近頃いろんなものに興味をもってかじるので、

知らないうちに私のズボンに穴があいています・・もうだめぽ



e09b0815.jpg





見ていただきどうもありがとうございますラブラブ






kitanomori26 at 13:57|Permalink 日々のこと 

2014年06月01日

輪廻を終わらせる


一説によると、

私たちは何千回、何万回と生まれ変わり、輪廻転生を繰り返してきているそうです。


それだけ多くの人生ですから、

お金持ちだったり、貧乏だったり、

男だったり、女だったり、

名誉・権力を持っていたり、持っていなかったり、

考えられるあらゆるバリエーションの人生を生きてきたのだろうと思います。


そして生まれてくるたびに、

前世の記憶を忘れ、

あれがほしい、これがほしいとまた同じものを忙しく求め続けます。


けれどもそれは前世で何度も持っていたものです。



死後の観点から見ると、肉体を持って生まれることは

とてつもなく大変なことで、すごい覚悟を持って生まれてくるのだそうです。


「今回の生では必ず何かを成し遂げる」


けれどもいざ生まれたら激しい生に飲み込まれ、その思いを見失ってしまいます。


奇跡のコースのクラスでコオさんが、


「私たちは生まれ変わりを延々とやってきたけど、終わらせ方がわからなくなっている」


ということをおっしゃっていました。


人生夢のごとし、といいますが

あらゆる夢を見てきたけれど、

何千回何万回転生しても一度も体験したことないことが

「夢から醒める」という経験です。



あなたが本当に体験したいことは何ですか星






424e37b5.jpg




kitanomori26 at 09:25|Permalink ACIM/奇跡のコース 
プロフィール







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: