walk in balance

日々の気づきや 読書の備忘録ブログです。 奇跡のコース(奇跡講座)をただいま読書中。

うさぎと私と奇跡のコース①

今回は私の奇跡のコース体験談を書いてみようと思います。突然ですが、3月に7年飼っていたうさぎが亡くなりました名前はパティといいます。1月ごろに耳から出血し、病院でみてもらうと外耳炎ではないかとのことでした。耳の奥にぽこっと何かの塊がある感じです。その後何

筒井駅開業!

青い森鉄道の新駅「筒井駅」が、2014年3月15日(土)開業します筒井住民としては、ずっと完成を心待ちにしていましたー青森駅まで約7分でつないでくれます。(青森駅と東青森駅の間に位置します)こちらが筒井駅。青森高校、筒井中学校のすぐそばにあります。待合室

「私たちは問題のない状態に慣れていない」先日の奇跡のコーススカイプクラスの中での言葉。問題のない状態を、何度生まれ変わっても、私たちは今まで一度もやったことがない。不安、怖れ、罪悪感。自分の無意識を外の世界に投影し、恐ろしい夢を見ている。自分を肉体と同一

感情に居場所を

前回の記事に関連して。大人になるとどんどん賢くなりますね。頭を良く使うようになります。これはいい、これは悪い。これは正しい、これは間違っている。考える、判断する、ジャッジすることが多くなります。逆に子どもの頃は「好き!」「嫌い!」とハートで動くことが多い

記憶というイメージ

先日読んだ本に「記憶維持」についての興味深い研究が紹介されていました。ある大学生のグループが、とても短い三十秒のストーリーを言い渡されました。研究者は「これから皆さんに話すストーリーを、できるだけ正確に覚えていてください。その後、いくつかの間隔を置いてそ

今朝のミラクル

今朝、観葉植物を見たらプチミラクルが 新しく出てきた葉っぱがくっついてなんと円になってます ハートにも見えてかわいいですね~上から見るとこんな感じです。 ↓ どうなるんでしょ~そっと見守ってみようと思います。

NOと言える自由

NOと言えない自分を感じていませんか。NOと言ったら「嫌われるかもしれない」「怒られるかもしれない」「相手を困らせるかもしれない」「嫌な雰囲気になるかもしれない」だから言わない。それを小さい頃からしているとしたら、「そうしなきゃいけなかったから」「それが

心に残っている言葉

「あしながおじさん」を書いたA・Jウェブスターの言葉です。わたしは一秒一秒を楽しむつもりです。そして、楽しんでいる間は、そのことを意識していようと思います。たいていの人たちは、生きているのではなく、ただ競争をしているだけ。はるかかなたの地平線にある決勝点

「自分の感情は自分の責任です」というと反応は人それぞれです。「それはそうだよね」とすんなり受け入れる場合。「は?でもこの感情はあの人のせいでしょ?何で私の責任なのよ!」と不快な気持ちを感じる場合。「はあ・・やっぱり私のせい。やっぱり私が全て悪いんですね」

へんしんっ!

今日の空には竜がいましたよ 長~いです!じ~っと見てましたら、なんと、変身           ↓ 竜が鳥になりました左右の翼を広げて羽ばたいてる鳥にも見えるし、首の長い白鳥にも見えます。光に向かっているようで、素敵です空からのプレゼントでした

私たちの気持ちは三層構造になっています。一番上にあるのが「こうあるべきだ」とか「こう見られたい」と思っている表向きの自分。その下にあるのが「でもホントは私ってこういう人間です」と自分なりにとらえているネガティブなセルフイメージ。ですがこれで終わりではあり

人と違うことに不安を感じる方がいます。「私って変ですか?」(´・ω・`)と。私から見れば、変というよりその方の才能や個性だと感じることが多いです。けど「自分はなにか間違っているんじゃないか」という漠然とした不安から、「人と同じ」であることに安心を求めようとし

お土産やプレゼントを受け取るときに罪悪感を持つ方がいる。例えば「こんな私がもらっていいのかな・・」とか「お返ししなきゃ・・」と思ったり。あなたを大切に思ってくれる方はただ喜んで欲しいだけだったりする。「これ喜んでくれるかな」とか思いながら選んだお土産を申

インナーチャイルドワーク

「おでんくん」というNHKで以前放送されていたアニメがあります。こちらが主人公のおでんくん。おでん屋台の鍋の中にいろんな具たちが住む「おでん村」がある、というユニークな設定。その屋台のお客さんとの関わりや具たちの日常を描いた物語です。面白くてよく見ていた

「自分はその人から離れてはいけない」「自分がいないとその人は駄目なんじゃないか」そう感じている場合がある。例えば親子の関係で。すると自立したいと思っても、離れることに罪悪感を感じてしまう。相手が(自分も)困ると思っているから。今日、テレビを見ていたらある

↑このページのトップヘ